네이버톡톡   로그인 | 회원가입 | 이용학교/기관/기업 | 고객센터
  

도서관 / 학교 / 병원 / 은행 / 미용실 / 카페에서 많이보는 잡지


        
 
(분야) 간편검색   
(국가) 간편검색   
(언어) 간편검색   
(독자층) 간편검색   
ㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡ  
(주제) 간편검색   
(전공) 간편검색   
(발행주기) 간편검색   
ㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡ  
해외정간물/잡지 Best   
 
네이버톡톡-친구추가
카톡-친구추가

잡지 상세보기




Newsweek 日本版 (뉴스위크일본판)
발행사 :   阪急
정간물코드 [ISSN] :   fodn-0368
정간물 유형 :   잡지
발행국/언어 :   일본 / 일본어
주제 :   인문/사회, 시사/뉴스,
발행횟수 :   주간 (연50회)
정기구독가 (12개월) :  600,000 원 450,000 (25%↓)
QR코드
  
바로구매하기
장바구니 담기 관심목록 담기

잡지소개 발행 및 배송안내 표지/목차 관련 추천잡지 주문시 유의사항     





미국시사주간지newsweek의 일본어판
입금 후 2~3주 후 이슈부터 받게됩니다. 주간지의 경우 한달에 네번 발송 되지만 입고일에 따라 2권이 한꺼번에 갈 때도 있으니 신청 시 참고 바랍니다.(일본에서 발행후 7~10일 후에 받게됨)

정간물명

  Newsweek 日本版 (뉴스위크일본판)

발행사

  阪急

발행횟수 (연)

  주간 (연50회)

발행국 / 언어

  일본/일본어

판형 / 쪽수

    /   쪽

독자층

  일반(성인), 전문직,

발간형태

  종이

구독가 (12개월)

  정기구독가: 450,000원, 정가: 600,000원 (25% 할인)

검색분류

  시사/뉴스/정치,

주제

  인문/사회, 시사/뉴스,

전공

  사회학, 신문방송학, 언론학, 정치학,

키워드

  뉴스위크,시사경제,인문 





    





해외잡지

정간물명

  Newsweek 日本版 (뉴스위크일본판)

발행일

  수

배송방식

  발행사에서 직접 배송 ( 택배 )

파손 및 분실처리

  파손은 맞교환, 분실 및 배송사고에 대해서는 재발송 처리

재발송 방식

  택배

해외배송

  불가 (현재는 해외배송 서비스가 지원되지 않습니다)

배송누락 및 배송지변경

  고객센터로 문의 바랍니다. (☎ 02-6412-0125 / nice@nicebook.kr)


    







































[特集]
●ISSUES 2017
 ―トランプ就任の衝撃波はアジア、欧州そして中東へ。
  地殻変動を起こし始めた2017年の世界を読む
 ◇展望 先進国と新興国、逆転する希望と失望
 ◇米政治 トランプ就任100日の挫折
 ◇閣僚 就任できる?トランプの冒険的人事
 ◇アジア外交 トランプという激震がアジアを揺さぶる
 ◇対中戦略 さらば弱腰外交、南シナ海に嵐の予感
 ◇中国 勝負の年を迎えた習近平の綱渡り
 ◇ドイツ 虚し過ぎるメルケル待望論
 ◇EU 欧州の価値観を守ることこそ最大の防御だ
 ◇南米 コロンビア和平の導き方
 ◇米ロ トランプとプーチン、蜜月はいつまで
 ◇中東 米新政権を待つシリアの墓場
 ◇紛争 戦争まみれの中東を救う道は
 ◇経済 トランプ相場ははかない幻想だ
 ◇環境 温暖化の軽視は国家にとって最大のリスクに

【PERISCOPE】
◇InternationaList
 ・GERMANY 悲劇が連鎖して別の悲劇を生む時代
 ・UNITED STATES ツイートは簡単でも実現困難な核軍拡
 ・CHINA この冬も中国の視界を覆うPM2.5汚染
 ・FRANCE ルペンは禁断のロシアマネーに手を出すか
 ・ITALY 銀行救済でも消えないイタリアの不安
 ・RUSSIA 崩壊から25年「ソ連」がよみがえる
 ・SYRIA アレッポ壊滅が招くテロの増加  …他
◇Asia
 ・INDIA 急成長インド経済が旧宗主国を追い抜いた
 ・CHINA ノルウェーに近づく中国の思惑は
◇U.S. Affairs
 ・トランプとうり二つの嫌中派が米経済を担う
◇People
 ・本誌記者が選ぶ2016年の10本







●アジアを揺るがす暴君
 ―アメリカと決別宣言し、中国に急接近するドゥテルテ大統領。
  フィリピンの「暴言王」はアジアの地政学をどう変えるか
 ◇フィリピン アジアを揺るがす暴君ドゥテルテ
 ◇視点 ドゥテルテ訪日で試される安倍外交の価値観
 ◇外交 中国海軍旗が南シナ海に翻る日

◆ISIS後のイラクを待つ脅威
 ・中東 残虐集団なき後の「空白」にうごめく
   近隣国の思惑とアメリカの指導力
 ・過激派 「最後の1人になっても死ぬまで抵抗せよ」

【PERISCOPE】
◇InternationaList
 ・EUROPEAN UNION カナダとの貿易協定を葬る「拒否権」
 ・IRAQ モスル奪還でもISISとの戦いは終わらず
 ・NORTH KOREA 北朝鮮の粛清報道は大げさ?
 ・GREECE 忘れられた難民の怒りが爆発
 ・SPAIN スペイン「闘牛禁止」は独立運動の代理戦争
 ・GLOBAL ECONOMY 先進国は今こそ積極財政を
 ・ALBANIA 中国の「一帯一路」は海から空へ
 ・CHINA 共産党の威信を背負う中国の宇宙開発
◇Asia
 ・SOUTH KOREA 「暴露本」で韓国は政治の季節へ
 ・MALAYSIA 疑惑の首相はネット市民まで弾圧
◇U.S. Affairs
 ・ト ランプの応援団はウィキリークスとロシア
 ・民主主義まで敵に回したトランプの危険度
◇Business
 ・2017年が「完全自動運転」元年に?
◇People
 ・タイ「変人」皇太子はいつ即位するのか、ほか







관련 추천잡지     




中央公論 (중앙공론)
  

AERA アエラ (아에라)
  

考える人 (생각하는 사람)
  

世界 (세계)
  

軍事研究 (군사연구)
  


    










  • 룄꽌愿1(library)
  • 룄꽌愿2(library)
  • 븰(university)
  • 怨듦났湲곌(Public Institution)
  • 怨듦린뾽(Public Enterprise)
  • 湲덉쑖/蹂묒썝(Finance/Hospital)
  • 湲곗뾽(company)